共創価値(CSV)への取り組みをご紹介いたします。-みんなの あしたに ハッピーを- コカ・コーラウエスト株式会社

リスク管理

リスク管理体制

「コカ・コーラウエストグループリスク管理規定」を定め、リスク管理体制を整備しています。リスクを未然に防ぐため、各部・グループ各社ごとにリスクを洗い出し、経営面や管理など第一線の社員が関わる業務での予防活動計画を策定し、実践しています。

リスク管理体制

危機発生時の対応

危機が発生した際、迅速な連絡と報告および確実な対応ができるよう、対応フローや職制に応じた役割を明確にしています。また、製造事故、自然災害などさまざまな事象を想定したシミュレーショントレーニングを会社・階層別に実施しています。

危機発生時の対応

情報保護活動

情報保護への取り組み

リスク予防活動の一環として情報保護に関するポリシーや規定、手順書類を整備し、内部統制(J-SOX)やコカ・コーラシステムのセキュリティフレームとの整合性を図っています。

※情報保護活動:企業の秘密情報や個人情報が、不正に社外に流出することを防ぎ、コーポレートブランドの失墜やお得意さまの信用低下を未然に防ぐ活動

リスク予防

情報の共有

リスクや、リスクにつながりそうな事案が発生した場合は速やかに主管部門に報告されます。またその状況・対応については社内ルールに則り、役員に共有・報告しています。

リスク予防

BCP(事業継続計画)

大規模災害に備えたBCP

大規模災害発生時に社員と家族を守り、非常時にも確実に製品をお客さまにお届けするという清涼飲料メーカーとしての社会的責務を果たすため、迅速な事業復旧を目的としたBCPを策定し、継続的に見直しを行っています。
また、災害発生時の初動対応における最優先事項として、社員と家族の安否を確認し報告する「基本行動」を浸透させることを目的に安否確認システムを活用した訓練を定期的に実施しています。
熊本地震発生後は、すべての事業所で地震を想定した防災訓練を行い、被害を最小限にするよう努めています。

BCP(事業継続計画)
リスク予防

BCPの基本姿勢

お客さまや社員、地域社会などすべてのステークホルダーへの責任を果たすために、平常時の備えから初動対応、事業復旧までを策定範囲として取り組んでいます。