CSRへの取り組みをご紹介いたします。-みんなの あしたに ハッピーを- コカ・コーラウエスト株式会社

CSR活動 「CSR」7つの重点項目

社員一人ひとりの日々の取り組みのなかで、持続可能な社会の発展を考え、ハッピーをお届けすることです。

当社グループでは、持続可能な社会の発展に寄与し、ステークホルダーのみなさまにハッピーをお届けするために、CSRの取り組みを最も重要な経営課題のひとつと位置づけ、4つの基本的な考え方のもと社員一人ひとりが意識して7つの重点項目に取り組んでいます。

基本的な考え方 7つの重点項目 目指す姿
方針1 誠実な企業活動
  • 重点項目1 お客さま満足

    価値ある商品・サービスを提供するため、安全・安心で優れた品質であることはもちろんのこと、お客さまの新しいニーズを発見しつづけ、絶え間のない革新によってお客さまの期待を上回る価値ある「商品・サービス」を提供する。

  • 重点項目2 品質保証

    調達からお客さまのお手元に商品が届くまでの各過程において、社員一人ひとりが「品質」を最優先に取り組み、常に安全・安心・フレッシュな商品を提供する。

  • 重点項目3 コンプライアンス

    すべての法令の遵守はもちろんのこと、社会的責任の視点と良識をもって誠実に行動する。

    経営の効率化、透明性向上に取り組むことで、すべてのステークホルダーからの信頼を得る。

  • 重点項目4 リスク管理

    会社が抱えるさまざまなリスクに対して発生を予防するとともに、万一、発生した場合に被害を最小化するための行動が迅速・的確にとれるリスクに強い会社を目指す。

方針2 人権尊重
  • 重点項目5 人権尊重と社員の働きがい

    一人ひとりが自らの人権だけでなく、他の人権についても正しく理解し、相互に人権を尊重しあい、その共存を図る。

    社員と会社の強い信頼関係のもと、社員が仕事を通じて働きがいと誇りを持てる会社を目指す。

方針3 社会との共生
  • 重点項目6 地域社会との共生(地域社会貢献活動)

    「地域とともに」の基本姿勢のもと、地域社会との共生・共栄を強く意識し、地域社会の発展に貢献する。

方針4 環境との調和
  • 重点項目7 環境推進(地球環境保全・地域環境推進活動)

    事業の成長と環境負荷低減を両立する「地球環境保全」と地域社会における自然環境保全や環境啓発を推進する「地域環境推進活動」の2つの活動を通じて、「環境先進モデル企業」となる。