コカ・コーラウエスト株式会社は、西日本を営業地域とする、世界で有数の規模を持つボトラーです。

トップメッセージ

ごあいさつ
 コカ・コーラウエストグループは、近畿・中国・四国・九州の2府20県を事業エリアとする世界で有数の規模を持つボトラーです。日本の人口の3割以上を占める市場においてスケールメリットを生かし、製造・物流・販売・リサイクルのバリューチェーンプロセスの進化を進めております。
 『飲料を通じて価値ある「商品・サービス」を提供することで、お客さまのハッピーでいきいきとしたライフスタイルと持続可能な社会の発展に貢献します』を企業理念に掲げ、我々のすべての考え方や行動を「お客さま起点」とし、安心・安全で優れた品質であるのはもちろんのこと、お客さまの新しいニーズを発見し続け、絶え間のない革新によって、新しい価値を提供いたします。
 私たちは、地域ごとにきめ細かい営業活動を行うことにより、売上高、マーケットシェアを拡大するとともに、日本のコカ・コーラビジネスの成長を牽引してまいります。そして、日々の事業活動を通じてあらゆるステークホルダーの皆さまに「ハッピー」を提供し続けることで、お客さまに支持され、株主さまに理解され、地域社会に愛され、社員が誇れる会社を目指します。
 さらに、お客さまの多様なライフスタイルにおいて、おいしさ・楽しさ・健康・やすらぎなど、人々が前向きに生きるための心身の豊かさに貢献するとともに、社会への責任を果たすべく、昨年からは今まで積み上げてきた「CSR(企業の社会的責任)」を進化させ、「CSV(社会との共創価値)」を経営戦略の基盤に位置付け、事業活動を行っております。
 加えて、平成29年4月1日には、首都圏を含む1都2府35県を事業エリアとし、日本のコカ・コーラシステムの約86%の販売数量を有する新統合会社「コカ・コーラボトラーズジャパン株式会社」を発足させる予定です。
 私たちはこれからも、お客さまとの接点にこだわった高品質の活動を徹底することにより、高収益で品格のある会社「エクセレントカンパニー」へと進化するべく、コカ・コーラウエストグループ社員一人ひとりの力を結集してまいります。

代表取締役 社長 吉松 民雄