HOME 試合日程・結果 チームカレンダー トピックス チームの歴史 メンバー紹介 ラグビーを楽しむ チームの紹介
HOME
試合日程・結果
チームカレンダー
トピックス
チームの歴史
メンバー紹介
ラグビーを楽しむ
チームの紹介
2017年9月2日
ジャパンラグビートップリーグ2017-2018 vsNTTドコモレッドハリケーンズ
開催日時

2017年9月2日(土)18時00分K.O
鹿児島県立鴨池陸上競技場
第3節
NTTドコモレッドハリケーンズ

会場
大会名
対戦チーム
対
前 半 後 半 前 半 後 半
1 2 T(5点) 3 1
1 2 G(2点) 3 1
1 0 P(3点) 0 0
0 0 D(3点) 0 0
10 14 21 7
24 合計 28
メンバー
1  タキタキ⇒田中
2  有田隆
3  日比野⇒猿渡
4  アボット
5  川下⇒筬島
6  桑水流
7  山下昂
8  トゥペ⇒豊田
9  香月⇒田辺
10  山田
11  副島
12  ラファエレ
13  山北⇒トゥポウ
14  八文字⇒築城
15  吉澤
   
ダイジェスト
ジャパンラグビートップリーグ2017-2018シーズン第3節。
開幕から2連敗中のレッドスパークス、相手NTTドコモレッドハリケーンズも2連敗中。
ともに負けられない試合、会場となったのは桑水流選手の地元鹿児島市の鴨池陸上競技場。

試合は18時にキックオフ!

開始早々から果敢に攻めるレッドスパークス。敵陣ゴール前まで迫るも得点できず、逆に前半6分に相手に一気に攻められトライ&ゴールを許し0-7と先制される。

得点し落ち着きたいレッドスパークスは前半10分、敵陣ゴール中央付近でペナルティを得て、ラファエレが冷静に決め3-7とする。

しかしその後、自陣での攻防が続き、よく耐えたものの、前半17分に相手にトライ&ゴールを許し3-14とされる。
反撃したいレッドスパークスは前半21分、キックオフからプレッシャーをかけ、その後ボールを大きく展開し今季初出場の八文字がゴール隅に飛び込みトライを奪い(ラファエレのゴールも成功)10-14とする。

逆転したいレッドスパークスは果敢に攻めるも得点出来ず、逆に前半29分に相手にトライ&ゴールを許し10-21とされる。
その点差のまま、前半を終了する。

後半に入り、レッドスパークスペースで試合を展開したいところ。
後半8分、レッドスパークスの真骨頂であるボールを大きく展開する全員ラグビーでよくつなぎ副島がゴール隅に走りトライを奪い(ラファエレのゴールも成功)17-21と点差を詰める。
一気に逆転したいレッドスパークスは後半12分に敵陣ラインアウトから攻撃を仕掛け、トゥペが抜け出しゴール前までせまり、最後はルーキー田辺がインゴールに飛び込みトライを奪う(ラファエレのゴールも成功)し24-21と逆転に成功する。

その後は一進一退の攻防が繰り広げられる。

点差を広げたいレッドスパークスであったが、後半33分にディフェンスの一瞬の隙をつかれ相手に突破され必死に食い下がるもトライ&ゴールを許し24-28と逆転される。
逆転を信じてその後も全員で攻めるも無念のノーサイドとなりました。

本日はたくさんのご声援誠にありがとうございました。
これで開幕3連敗となりましたが、次節以降勝利を積重ねられるようにチーム全員で頑張ますので今後ともレッドスパークスへのご声援どうぞよろしくお願いいたします。


 

ゲームフォト
写真提供:R&K SHINYASHIKI