HOME 試合日程・結果 チームカレンダー トピックス チームの歴史 メンバー紹介 ホッケーを楽しむ チームの紹介
2017年10月4日
決勝
開催日時

2017年10月4日(水)13時30分
しおさい公園 伊予市民競技場(愛媛)
決勝
奈良県

会場
大会名
対戦チーム
奈良県
1 前 半 1
1 後 半 1
2 TOTAL 2
延長
SO
メンバー
1  船田悦子☆(個人登録)
2  錦織えみ☆
3  佐藤圭
4  金藤祥子☆
5  田中泉樹☆
6  藤井美沙☆
7  西田奈央☆
8  中尾明日香☆
9  山田明季
10  湯田葉月☆
11  齋藤明日香
12  辻井紫歩☆
13  加藤彰子☆
14  大田昭子☆
15  
16  
17  
18  
ダイジェスト

第72回国民体育大会・決勝戦の対戦相手は奈良県(南都銀行SHOOTING STARS)。
 

【前半】奈良県のセンターパスで試合が開始された。
開始から両チームの激しい攻め合いとなる。そんな中、6分、奈良県に中盤でボールを奪われた広島県はそのままサークル内まで攻め込まれ、ペナルティーコーナー(PC)を与えてしまう。No1.GK船田がヒットシュートをセーブしNo.14 大田が素早くクリアするが、再度相手にボールを取られ、ヒットシュートを許し失点。
追いかける形となった広島県はその直後、相手サークル内まで攻め込むがチャンスを作れず。
13分、サークル付近のリスタートからNo.5 田中がドリブルでサークルインし、反則を奪いPCのチャンスを獲得する。No.13 加藤からのパスにNo.2 錦織がヒットシュートで合わせ、同点ゴールを決める。
その後、しばらくは中盤での攻防が続く。
24分、左サイド23M内のリスタートからNo.7 西田がサークル内にボールを入れ、それを受けたNo.12 辻井がPCを獲得する。
アゲインで2本連続のPCとなるが、奈良県の堅い守備に阻まれる。
逆に31分、奈良県にPCを奪われた広島県はNo.1 GK船田を中心に落ち着いて守備をし失点を許さない。
そのまま前半を1-1で折り返す。


【後半】後半開始まもなく試合が動く。
5分、左サイドセンター付近から奈良県のリスタート。高く上がったスクープが自陣のサークル内に落下し、それをダイレクトシュートで決められ、再び奈良県に勝ち越しを許してしまう。
9分、No.6 藤井からのスクープパスがゴールポストに当たって跳ね返り、いち早く反応したNo.12 辻井がシュートするも惜しくも決めることができない。
15分、広島県のサークル付近からのリスタート。No.4 金藤、No.10 湯田、No.9 山田がテンポよくパスを繋ぎ、山田がリバースヒットでゴール前へ。キーパーが弾いたボールをNo.12 辻井が押し込み、試合を振り出しに戻す。
その後も得点を狙い、積極的に前へと進む広島県だが、奈良県の粘り強い守備をなかなか突破することができない。
28分、奈良県のPC。No.2 錦織がヒットシュートを好セーブするなど3連続のPCを全員で守り、ピンチを乗り切る。
このまま終了かと思われた34分、広島県がPCのチャンスを獲得する。
この絶好機で決めたい広島県はNo.2 錦織のヒットシュートで得点を狙うが決めることができず。
そして、試合が終了。奈良県との一戦は結果2-2の同点となり、国体の規定によって広島県、奈良県の両者優勝という結果となった。
これにより広島県は国体5連覇を達成するとともに念願の今シーズン1冠目を獲得した。

試合経過
前半 6分 奈良県成年女子(0-1)


前半 13分 広島県成年女子(1-1)
得点 No.2 錦織えみ
アシスト No.13 加藤彰子  


後半 5分 奈良県成年女子(1-2)


後半 15分 広島県成年女子(2-2)
得点 No.12 辻井紫歩
アシスト No.9 山田明季
ゲームフォト