HOME 試合日程・結果 チームカレンダー トピックス チームの歴史 メンバー紹介 ホッケーを楽しむ チームの紹介
2017年10月3日
準決勝
開催日時

2017年10月3日(火)13時30分
しおさい公園 伊予市民競技場(愛媛)
準決勝
岐阜県

会場
大会名
対戦チーム
岐阜県
0 前 半 0
0 後 半 0
0 TOTAL 0
延長
4 SO 3
メンバー
1  船田悦子☆(個人登録)
2  錦織えみ☆
3  佐藤圭☆
4  金藤祥子☆
5  田中泉樹☆
6  藤井美沙☆
7  西田奈央
8  中尾明日香☆
9  山田明季
10  湯田葉月☆
11  齋藤明日香
12  辻井紫歩☆
13  加藤彰子☆
14  大田昭子☆
15  
16  
17  
18  
ダイジェスト

第72回国民体育大会・準決勝の対戦相手は岐阜県(ソニーHC BRAVIA Ladies)。
 

【前半】広島県のセンターパスで試合が開始された。
序盤から激しい攻防戦が展開され、両チームの意地とプライドがぶつかり合う。
10分、No.9 山田が相手の反則を取り、ペナルティーコーナー(PC)のチャンスを獲得する。ここで先制点を奪いたい広島県だが、決めきることができない。
それから岐阜県の速いプレスに苦戦し、押され気味の広島県。No.2 錦織を中心に広島県のDF陣は粘り強いプレーで岐阜県の攻撃を防ぐ。
27分、左サイド23M付近からNo.10 湯田がサークル内へスクープパスを入れ、No.13 加藤が相手のミスを誘いPCを獲得したと思われたが、チャレンジ権により判定が覆ってしまう。
その直後、岐阜県のPC。相手のドラッグシュートをNo.14 大田が反応し好セーブ。
終了間際にも岐阜県にPCを与えてしまった広島県だが冷静な判断で対応。そのまま前半を0-0で折り返す。


【後半】7分、一瞬の隙をつかれた広島県は岐阜県にセンター付近からヒットパスを1本通され、それがFWへとわたり、キーパーと1対1の状況に。
No.1 GK船田はプレッシャーをかけながらスティックで相手からボールを奪い、見事なセーブをみせる。
その2分後、岐阜県にPCを奪われた広島県。苦しい時間帯が続く。
前半に続き、相手のドラッグシュートをNo.14 大田が止め、失点を許さない。
反撃をみせる広島県は19分、ロングコーナーでNo.8 中尾からパスを受けたNo.4 金藤がPCを獲得する。アゲインで2本連続のPCとなり、No.2 錦織がヒットシュートで得点を狙うが、キーパーに阻まれてしまう。
その後も点は動くことなく、時間だけが過ぎていく。
終了間際の34分、岐阜県に攻め込まれた広島県はリバースヒットシュートを打たれるが、落ち着いてクリア。
そして、両チーム無得点のまま試合が終了。前日に引き続きシュートアウト戦で勝敗を決めることとなった。
※シュートアウトとは、両チーム5名ずつのフィールドプレーヤーとゴールキーパーが1対1を行って勝敗を決める攻防戦のことです。

先攻の岐阜県が3人連続で得点したのに対し、後攻の広島県もNo.13 加藤、No.10 湯田、No.4 金藤がきっちりと決め、3得点。岐阜県4人目をNo.1 GK 船田が粘り強い守備で防ぎ、No.5 田中が決めたことで広島県が4-3とリード。岐阜県5人目が外した瞬間、広島県の勝利が決まった。
この結果により広島県は6年連続で決勝戦進出を決め、もう片方の準決勝で岩手県を破った奈良県(南都銀行SHOOTING STARS)と優勝をかけて対戦することとなった。広島県は目標である5連覇達成を目指し、決勝戦に臨む。

試合経過
【シュートアウト戦】
広島県成年女子 4-3 岐阜県成年女子
ゲームフォト