HOME 試合日程・結果 チームカレンダー トピックス チームの歴史 メンバー紹介 ホッケーを楽しむ チームの紹介
2017年10月15日
最終日
開催日時

2017年10月15日(日)14時30分
川崎重工ホッケースタジアム(岐阜)
最終日
ソニーHC BRAVIA Ladies

会場
大会名
対戦チーム
0 1 Q 1
1 2 Q 0
0 3 Q 1
0 4 Q 0
1 TOTAL 2
延長
SO
メンバー
1  中尾明日香☆
2  西田奈央
3  西村綾加
4  大田昭子☆
5  三橋亜記☆
6  田中泉樹☆
7  湯田葉月☆
8  笠原佳乃
9  菅原梢
10  加藤彰子
11  齋藤明日香
12  佐藤圭☆
13  辻井紫歩☆
14  山田明季
15  藤井美沙☆
16  金藤祥子☆
17  錦織えみ☆
18  吉川由華☆(補強選手)
ダイジェスト

高円宮牌2017女子ホッケー日本リーグ ファイナルステージ・決勝の対戦相手はソニーHC BRAVIA Ladies。


【第1Q】ソニーのセンターパスで試合が開始される。
4分、相手のアウトレットで積極的なプレスからNo.16 辻井がボールを奪い、相手陣地へと攻め込む。No.19 金藤、No.17 山田がサークル内にボールを運ぶが、シュートまで行くことができない。
10分、ソニーのスクープパスが前線の選手へと繋がり、反則を奪われたレッドスパークスはペナルティーコーナー(PC)を与えてしまう。
必死に守るレッドスパークスだが、アゲインの3本目で左下にドラッグシュートを決められ先制点を奪われる。
その後、守備をする時間帯が増えたレッドスパークスは14分にもPCを与えてしまうが、No.20 錦織が相手の作戦を完璧によみ、好セーブ。第1Qを1点ビハインドで終える。
 

【第2Q】5分を過ぎたあたりから徐々にレッドスパークスがペースをつかみ始める。
7分、ソニーの選手がグリーンカード、イエローカードにより2人退場したことで数的有利となる。
8分、レッドスパークスがPCを獲得する。バリエーションを使い、得点を狙うがソニーの守備陣に阻まれてしまう。
その直後、ロングコーナーのリスタートからNo.6 大田がサークル内へボールを入れ、No.15 佐藤がプッシュシュート。キーパーの弾いたボールをNo.19 金藤が態勢を崩しながらも渾身のシュートを打ち、待望の得点を決める。
勢いづいたレッドスパークスは果敢に前へとボールを運ぶ。
14分、No.18 藤井がサークルめがけてヒットを打ち、そのこぼれ球をNo.15 佐藤がダイレクトシュートするもキーパーにクリアされる。
1-1の同点で前半を折り返す。

【第3Q】後半に入っても一進一退の攻防が続く。
5分、左サイド23M内のリスタートからNo.19 金藤がゴール前へチャンスボール通すが、ソニーの選手にカットされる。
7分、ソニーに攻め込まれたレッドスパークスはゴール前でダイレクトシュートを打たれるが、No.22 GK吉川が好セーブをみせ、阻止。
そして試合が動いたのは12分。右サイド23M付近でソニーの速いリスタートからサークル内まで侵入を許したレッドスパークスはパスで崩された後失点。再び追いかける形となる。
その後、立て直しをはかるレッドスパークスだが、チャンスを作ることができず、第3Qを終了。


【第4Q】まずは追いつきたいレッドスパークス。
しかし、立ち上がりからソニーの速い攻撃に苦戦し、3分にPCを与えてしまう。レッドスパークスの守備陣は必死の守備で対応。
なかなかペースが掴めないレッドスパークスはその後も守備の時間帯が続く。
12分、反撃をみせるレッドスパークスはサークル内まで攻め込み、No.16 辻井がリバースヒットシュートで得点を狙うもキーパーに阻まれ、惜しくも決めることができず。
それから相手陣地でのプレーを続け、チャンスを作ろうと粘るがソニーの堅い守備を突破することができない。
そして、試合は終了。レッドスパークスはソニーに1-2で敗戦し、目標としていた優勝にはあと一歩及ばず、準優勝という成績で終えた。

4月に開幕した本リーグ戦もこれを持ちまして閉幕です。
レッドスパークスへ温かいご声援をいただき、本当にありがとうございました!

試合経過
1Q  11分 ソニーHC BRAVIA Ladies(0-1)


2Q  8分 CCWレッドスパークス(1-1)
得点 No.19 金藤祥子
アシスト No.15 佐藤圭 


3Q  12分 ソニーHC BRAVIA Ladies(1-2)
ゲームフォト