HOME 試合日程・結果 チームカレンダー トピックス チームの歴史 メンバー紹介 ホッケーを楽しむ チームの紹介
2017年9月2日
第8日
開催日時

2017年9月2日(土)13時40分
立命館ホリーズスタジアム(大阪)
第8日
ソニーHC BRAVIA Ladies

会場
大会名
対戦チーム
0 1 Q 1
0 2 Q 0
0 3 Q 0
0 4 Q 0
0 TOTAL 1
延長
SO
メンバー
1  中尾明日香
2  西田奈央
3  西村綾加
4  大田昭子☆
5  三橋亜記
6  田中泉樹
7  湯田葉月☆
8  菅原梢
9  加藤彰子☆
10  齋藤明日香☆
11  佐藤圭☆
12  辻井紫歩☆
13  山田明季☆
14  藤井美沙☆
15  金藤祥子☆
16  錦織えみ☆
17  江村佳歩
18  吉川由華☆(補強選手)
ダイジェスト

CCWレッドスパークスの第8日目の対戦相手は、ソニーHC BRAVIA Ladies。


【第1Q】ソニーのセンターパスで試合が開始された。
2分、自陣の23M付近で素早いプレスからボールを奪ったNo.16 辻井がドリブルで一気に相手陣地へ。サークルまでは行けなかったもののレッドスパークスはその後も積極的なプレーを続ける。
しかし7分、ソニーのロングコーナー。そこから崩されたレッドスパークスはリバースヒットシュートを許し、タッチで角度を変えられ、失点。
12分、反撃に出るレッドスパークスは左サイド23M付近からNo.19 金藤がサークルトップでリードしたNo.16 辻井へヒットパス。右に流れながらサークルに入り、ヒットシュートで得点を狙うが、枠を捉えることができない。 
1点ビハインドのまま第1Qを終える。
 

【第2Q】追いかける形となったレッドスパークス。まずは同点に追いつきたいところ。
6分、左サイド23M内のリスタートからNo.10 湯田がサークル内へセンタリングを試みるもソニーの堅い守備に阻まれ、チャンスを作ることができない。
12~13分に相手陣地でプレーを続けるレッドスパークスは猛攻をかけるも得点に結びつけることができず。
点は動くことなく、0-1で前半を折り返す。

【第3Q】4分、相手のアウトレットからのボールをインターセプトしたNo.2 中尾が前線のNo.13 加藤へ繋ぎ、加藤がリバースヒットでサークル内へ。そのパスを受けたNo.19 金藤がヒットシュートでゴールを狙うが、キーパーに阻まれてしまう。
9分、ソニーに左サイドから攻め込まれたレッドスパークスはサークル内で反則を取られ、ペナルティーコーナー(PC)を与えるが、相手のミスによりその場を切り抜ける。
12分、No.17 山田の速いリスタートからパスを受けたNo.15 佐藤が反則を取り、PCを獲得する。アゲインで2本連続のチャンスとなったが、生かすことができず。


【第4Q】3分、レッドスパークスがPCのチャンスを獲得する。No.18 藤井のドラッグシュートで得点を狙うが、キーパーの好セーブにより得点を奪うことができない。
その後しばらく中盤での攻防が展開され、刻一刻と時間が過ぎる。
そんな中、12分、再びレッドスパークスのPC。No.14 齋藤のスイープヒットシュートは1番騎をかすめた後、ゴール前に流れるがソニーの守備陣にクリアされてしまう。
14分、ソニーのカウンター攻撃でNo.22 GK吉川が相手FWと1対1のピンチとなるが、吉川は相手のシュートを読み、好セーブ。
最後まで諦めず相手ゴールを目指したレッドスパークスだが、試合は0-1のまま終了。
今シーズン初の黒星となった。
レッドスパークスは順位変わらずリーグ3位のままレギュラーステージの最終戦を迎える。

試合経過
1Q  7分 ソニーHC BRAVIA Ladies(0-1)
ゲームフォト