HOME 試合日程・結果 チームカレンダー トピックス チームの歴史 メンバー紹介 ホッケーを楽しむ チームの紹介
2017年9月1日
第7日
開催日時

2017年9月1日(金)17時20分
立命館ホリーズスタジアム(大阪)
第7日
立命館大学ホリーズ

会場
大会名
対戦チーム
0 1 Q 0
0 2 Q 0
0 3 Q 0
1 4 Q 1
1 TOTAL 1
延長
SO
メンバー
1  中尾明日香
2  西田奈央
3  大田昭子☆
4  三橋亜記
5  田中泉樹
6  湯田葉月☆
7  笠原佳乃☆
8  菅原梢
9  加藤彰子☆
10  齋藤明日香☆
11  佐藤圭☆
12  辻井紫歩☆
13  山田明季
14  藤井美沙☆
15  金藤祥子☆
16  錦織えみ☆
17  江村佳歩
18  吉川由華☆(補強選手)
ダイジェスト

約3ヵ月ぶりに日本リーグが再開された。
CCWレッドスパークスの第7日目の対戦相手は、立命館ホリーズ。


【第1Q】立命館のセンターパスで試合が開始された。
2分、中盤でボールを奪ったNo.19 金藤からパスを受けたNo.16 辻井がスピードを生かし、ドリブルでサークル内に侵入するもチャンスを作ることができず。
それからパスを回しながら攻撃するタイミングを伺うレッドスパークスだが、思うように攻撃を組み立てることができない。
逆に9分、立命館の23Mセンター付近からの強打がゴール前まで通り、危うくタッチシュートされそうになる。
その後も大きなチャンスを作ることができず無得点のまま第1Qを終える。
 

【第2Q】1分、左サイドから立命館にパスで崩されたレッドスパークスはサークル内で反則を取られ、ペナルティーコーナー(PC)を与えてしまう。アゲインで2本連続のPCとなったが、レッドスパークスの守備陣は集中しピンチを凌ぐ。
4分、今度はレッドスパークスのPC。No.10 湯田のヒットシュートに続き、No.18 藤井がドラッグシュートで得点を狙うが、キーパーに阻まれてしまう。
それからレッドスパークスが攻撃回数を増やし、相手陣地でのプレーを続ける。
9分、再びPCを獲得したレッドスパークス。No.20 錦織のスイープヒットシュートからゴール前で混戦となるが、立命館の粘り強い守備陣にクリアされる。
12分にもPCから得点を狙うレッドスパークスだが枠を捉えることができず、そのまま前半を0-0で折り返す。

【第3Q】第3Qに入っても両者の激しい攻防戦が繰り広げられるが、なかなかサークル内へボールを運ぶことができない。
終始、中盤でのプレーが続いた第3Qではシュート、ペナルティーコーナーのチャンスを作ることができず。
試合は動かぬまま勝負は第4Qへと持ち越される。


【第4Q】第4Qに勝負をかけるレッドスパークス。
2分、サークル付近のリスタートからパスを受けたNo.20 錦織がサークル内へめがけてヒットを打ち、No.16 辻井が弾いたボールをNo.11 笠原が押し込み、レッドスパークスが待望の先制点を決める。
追加点を取るべく攻撃を続けるレッドスパークスだが、7分、相手が打ったロングボールが前線の選手へと繋がる。そのまま左サイドエンドラインからサークル侵入を許し、こぼれ球を押し込まれ、痛恨の失点をしてしまう。
なんとしてでも得点を取りたいレッドスパークスは10分、23M内右サイドからNo.10 湯田がドリブルで中へ切り込み、サークルトップにポジショニングを取っていたNo.3 西田へとパス。絶好のシュートチャンスとなるが、決めることができない。
最後まで粘りを見せたレッドスパークスだが、追加点を奪うことができず、試合は1-1の引き分けで終了。
これで勝ち点が15となったレッドスパークスは順位を一つ落としてリーグ3位に後退となった。

試合経過

4Q  2分 CCWレッドスパークス(1-0)
得点 No.11 笠原佳乃
アシスト No.16 辻井紫歩
 

4Q  7分 立命館ホリーズ(1-1)

ゲームフォト